【よく出る】TOEIC表現1


Fair enough あなたの言う通り、納得できる

about to add 追加するところ

I’m here to learn about…  ~について学ぶために来てます。

live from hand to mouth その日暮らしをする

open one’s eye 現実に目覚めさせる

run off at the mouth ベラベラしゃべる

get ripped off ぼられる

You have my word 保証するよ

In your dream 無理だね

get cold feet 尻込みする

jump on 食って掛かる ex: Don’t jump on me! (俺に食って掛かってくるな!)

Knock it off いい加減にしろ

Mom’s the word 秘密にしておいて

rat on 裏切る

watch your muth 言葉に気をつけろ

be full of hot air ほら吹きだ

have nothing to lose ダメでもともと

count on 当てにする

count …in ~を仲間に入れる

have it coming 自業自得

It’s not big deal たいしたことじゃない

It’s on me 私のおごり

make up for 埋め合わせをする

to run over budget足が出る

use to 昔はよくしたこと ユースットゥ と発音

life ライフと発音

live concert ライブと発音 (adj.)

live here リブと発音(verb)

be itching to do something むずむずする

to slip someone’s mind 度忘れする

it doesn’t matter how much does it cost 値段は関係ないよ

more or less だいたい  / 多かれ少なかれ

as good as は「述語」の修飾に使います。「述語」というのは,

1.動詞
She as good as promised it. それを約束したも同然だった
It’s as good as done [finished]. もうすぐ終わります[できます]

2.補語(C)

形容詞

He is as good as dead. 死人同然だ
It looks as good as new. 新品同様に見える

Industries become more or less attractive over time
More or less. everybody has darkness in his(her) heart.
Everyone wants ,more or less, to be poetic occasionally,
but my humanity doesn’t allow it.
「人は誰しも詩人になってみたい時がある、しかし拙者の人間性がそれを許さない」

That’s more like it!
(その方が良いです!)
“That’s more like it.”は「ずっと良い、良くなった、そっちの方が
良い、その方が私の希望に近い、そうこなくっちゃ」などの意味がある。
“more like ~”は「むしろ~に近い、~と言った方がずっと良い」と
いう意味。
Ex: “I cooked your steak for a bit longer.”
“That’s more like it. I hate steak when it’s rare.”
(君のステーキをもう少し焼いたよ。) 
    (これがいいよ!レアーのステーキが大嫌いよ。)

more like は「~に近い 」

「ビーバーってねずみっぽくない?」
「うーん、うさぎって感じかな」
という会話だと、
「Don’t you think a beaver looks like a mouse?」
「Well… it’s more like a rabit, I guess.」

関連商品

【新形式問題対応】TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7

新品価格
¥2,376から
(2019/5/27 11:04時点)