【TOEFL】役に立つTOEFL聴解練習のための9つのリソース

ここではTOEFL リスニング練習ののための9つの役立つリソースを紹介しましょう。

リスニングは、TOEFLの第2セクションになります、読解パート直後にします。
TOEFLリスニングの課題は、一般的に、講義、学術講演、よりカジュアルな会話や対話から構成されています。

セクションは60から90分の長さで、34から51の質問があります。 TOEFLリスニングはテストはテストで点数をとるために非常に重要なパートで、受験者の多くの人が最も難しいと感じてるパートでもあります。



リスニングは間違いなく難しいです。話し言葉を理解するには、話し声のスピードとスピードに慣れている必要があります。 スラングが使用されることさえあります。

また、ほとんどのオーディオクリップは1回だけ再生されます。 これは、読書や執筆のセクションのように、コンテンツを確認できる機会がないことを意味します。

ではTOEFL Listeningに役立つリソースを紹介しましょう。

1. EXAMENGLISH TOEFL LISTENING

このスタディガイドでは、より多くのサンプル演習(ETSオフィシャルウェブサイトにあるサンプル演習を加えて)を提供しています。 このページでは、TOEFLのリスニングパートがどのように進行するのかを知ることができます。 これらの演習を通して、聴解の重要ポイントを理解するのに役立ちます。 たとえば、全体的な理解、よりいいメモの作り方、細部への注意を払う必要があるところなどです。

2. OPENCULTURE ONLINE COURSES

ここは、オンラインコース、講義、および講演の巨大なカタログみたいなサイトです。 リンクのいくつかはビデオですが、そのほとんどはオーディオファイルです。 興味のある学問分野から選択し、何時間もの講義資料にアクセスできます。 ハーバード、UCバークレー、MITなどの著名な大学の講義があります。 このサイトでは、現実の教室の設定になっていて、実際の人が話すことを特徴とするTOEFLの試験に役立てます。

3. STANFORD ON ITUNES

iTunesでのスタンフォード大学のコースはリンクがたくさんあって非常に役に立ちます。 世界の最高の大学の講義のコレクションを見られます。 スタンフォード大学では数多くの講義や講演を行っており、100以上のTOEFLコースを受験することができます。 すべてのコースは無料で定期的に更新されます。

4. WIKI-TOEFL

Wiki TOEFLは、世界中から手に取った英語のビデオのベストサイトです。 教育クリップ、ニュース、感動話、または会話教材を探しているならここがおすすめです。 Wiki-TOEFLでは、さまざまなトピックを聴き、さまざまなアクセントに慣れることができます。 インタラクティブキャプションを使用すると、わからない言葉を一時停止して簡単に探せるので、リスニングスキルに取り組み、同時に語彙を身につけることができます。 短いビデオは、全体的なアイデア(TOEFLの非常に必要なスキル)を掴むのに最適です! Wiki-TOEFLはすべての英語レベルに適しており、ウェブサイト上で利用可能です。



5. MANYTHINGS.ORG

ManyThingsでは、初心者から中級レベルの方々に、さまざまなトピックにオーディオクリップを提供しています。ここは英語の中級レベルから下の学生を対象としています。

6. IHEARTRADIO

このウェブサイトには、多数のラジオ番組があります。 あなたの趣味や興味に基づいてポッドキャストやラジオ番組を見つけることができます。 さまざまなカテゴリをブラウズするか、ラジオジャンルを選ぶ:コメディー、スポーツ、ニュース、話し合い、大学ラジオなどがあります。 駅は主に米国に拠点を置くので、アメリカ英語の練習やスラングの理解に役立ちます。

7. BBC WORLD SERVICE

BBCは適切なイギリス英語を習得するための素晴らしいツールです。 BBCは世界中のリスナーにそのラジオを提供しています。 時事問題のニュースや議論のための高品質な公共ラジオ局です。 イギリスのアクセントを聴いてみるのもよいですね。

8. BBC RADIO 4

BBCラジオ4はドラマ、コメディ、教育プログラムのためのすばらしいリソースです。 それらのいずれかを聴くことは、TOFLEの全体的な理解、対話の一般的な意味の把握、ボキャブラリーの構築に役立ちます。特に、教育番組の1つを聴くことは特にそうです。 ノートを取って、プログラムの内容を覚えているかどうかを確認して勉強してみてください。

9. TED TALKS

TEDトークは、オーディオとビデオの両方の形式で利用できます。特定の分野に絞ることができるので、TOEFLの実践に役立ちます。