ビジネス英語ガイド

貿易英語とは?

ビジネス英語もそうですが貿易英語というものは単に専門用語を知っているだけ、つまり意味や表現方法を知っている
ということではありません。

よく誤解されますがビジネス英語も貿易英語もビジネスや貿易で使われている英語ではありません。

つまり専門用語を使った場合「意味だけ」ではなくどういう仕組みや背景になっていて、その用語を使って仕事をこなしていくなのです。

これは「経験」を積まない限りそれらの英語力とはなりません。

ビジネス英語の本格的な学校

東京にお住まいなら日米会話学院がいいと思います。

先生も生徒もとても質が良く、価格も良心的で講師は他の英会話学校にいるようなアルバイトなどでなく、何十年も英語を教えている資格持ちのプロの方で、ビジネス英語クラスはMBAを持っている先生が教えてくれます。

NHKのビジネス英語講座

NHKの英語講座が「続けられるならば」それが良いと思います。

NHK出版のサイト
http://www.nhk-book.co.jp/text/gogaku/
 ↑
上のほうに無料の英語力測定テストがあります。講座選びの参考にできるでしょう。

英語での会議

会議(かいぎ、英:meeting ミーティング)とは、関係者が集まって相談をし、意思決定をすることです。

会議は、組織において最も重要な人間と人間との間の意思を伝達する手段でもあります。

ビジネス・ミーティングには、大きく分けて3つの種類があります。
1・国際会議等、極めてフォーマルなもの
2・会社で通常開かれるセミ・フォーマルなもの
3・ビジネス・ランチ等でのイン・フォーマルなもの

それぞれの会議の内容によって、使う英語も若干異なってきます。

英語では議題の事を「agenda」と言い、議長を「chairman」進行役を「master」と言います。

「会議専用の英語」という特別な実態が存在するわけではないので、普段仕事で使っている英語で十分対応できます。

 


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
TOEICのブログをもっと見る!にほんブログ村